地震にも強いクラフトの家

高い確率で起こりうる地震

東日本大震災、新潟中越沖地震、阪神大震災、近年起こっている大地震からもわかるように、 日本は世界での有数の地震大国です。先の東日本大震災は記憶に新しいと思います。

地震調査研究推進本部によると、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞 われる確率は新潟県では、0.1未満から26%の高い確率であることが算出されています。 つまり、震度6弱の地震が起こると、立っていることが困難、固定しない重い家具の多くが移動・転倒、耐震性の低い家は倒壊する恐れがあるなどの被害があり、それが非常に高い可能性で起こり得るということなのです。
暮らす方、地域の安全と安心の為、建築工房クラフトは地震に強固な家づくりをしています。

建築工房クラフトの耐久性の高さの秘密

基礎

sanrinsha3家づくりにおいて全ての基本になる「基礎」。建物が沈下したり転倒しないようにつくられる重要なものです。建築工房クラフトの家は、基礎の強度に自信を持っています。
基礎の設計には地盤調査が欠かせません。建物が建つうえで必要な強度が地盤にあるか調査し、必要であれば地盤改良を行います。(費用は建物とは別途発生します。)そのうえで建物を支えるにふさわしい基礎の設計・施工を行います。高い強度の家には高い強度の基礎が必要なのです!

在来工法+高耐久構造用パネル

taikyuu_kouzou建 築工房クラフトの家は、日本でもっとも伝統的な木造建築の建築方法である在来工法に、耐久性の高い構造用パネルを採用しています。
耐久性の高い構造用パネ ルを建物の躯体に組み込むことで、壁の構造とパネルを一体化させ、一般の工法より強い建物ができあがります。地震などの自然災害で起こる外からの強い力に 対して、壁全体で強い力を受け止めるので、局所に力が集中することがなく、高い耐震性・耐風性を発揮します。また、この構造用パネルは、通気層が確保さ れ、透湿防水処理がきちんと行なわれています。水に強く湿気にも強いため、壁内部の結露の発生の心配がなく、建物そのものを湿気・結露から守ります。
建築工房クラフトは、経年変化も性能劣化も少ない高耐久な家を実現します。

ページトップへ